公正な税制を求める市民連絡会

広がる貧困と格差の是正に向けて

ブログ

2017/3/24(金)学習会「スウェーデンがなぜ普遍主義を選択し、重視するのか?」

~第9回 公正な税制を求める市民連絡会 学習会~

チラシのダウンロードはこちらをクリック:PDFファイル:1.11MB)

誰でも、いつでも、どこでもを原則とする社会権保障

貧困の拡大と深刻化は、世界先進国の共通問題である。
しかし、なぜ相対的貧困率は国によって異なるのか?
市場による経済成長では貧困の縮小は解決できない。
国家による普遍主義的社会権保障(社会政策)と税方式を基盤とする所得再分配にある。
スウェーデンがなぜ普遍主義を重視してきたのかを理解することによって、日本の社会権保障・社会(福祉)政策の限界を考える。

講師:訓覇 法子氏 日本福祉大学福祉経営学部 医療福祉マネジメント研究科教授
日時:2017年3月24日(金)18:30~21:00(受付開始18:00)
会場:主婦連合会会議室(主婦会館プラザエフ3階)

  • JR四ツ谷駅麹町口前(歩1分)
  • 地下鉄南北線 / 丸の内線四ツ谷駅(歩3分)

資料代:500円(経済的に困難な方は無料)

主催:公正な税制を求める市民連絡会

事務局連絡先:弁護士 猪股 正 埼玉総合法律事務所 電話:048-862-0355 / Fax:048-866-0425

OECDのパスカル・サンタマン租税局長との意見交換

パナマ文書の公開によって、一部の多国籍企業や富裕層によるタックスヘイブンを利用した租税回避の問題が注目を浴びています。

近年の急速なグローバル化のもと、多国籍企業の活動の実態と各国の税制や国際課税ルールとの間にずれが生じてきており、多くの多国籍企業がそれを利用し、課税所得を人為的に操作し、課税を逃れています。このことは「税源浸食と利益移転(BEPS:Base Erosion and Profit Shifting)」として、国際課税の重要な課題として浮かび上がっています。

この問題に対処するために、先進国首脳会議(G20サミット)の要請にもとづいて、OECDが2012年にBEPSプロジェクトを立ち上げました。現在15項目の「BEPS行動計画」に沿って国際社会及び各国政府による取り組みが進んでいます。

OECDのパスカル・サンタマン局長は、現在約100か国が参加する同プロジェクトの責任者として世界を回っています。今年1月発足したタックス・ジャスティス・ネットワークジャパン(TJNJ:「公正な税制を求める市民連絡会」、「グローバル連帯税フォーラム」、および「民間税制調査会」の三団体で構成)の代表は、本年1月11日、来日中の同局長と約一時間にわたる意見交換の機会を持ちました。

会談の中で、同局長は、①BEPSプロジェクトは今年、来年が正念場であり、各国国内法への反映が重要であること、②日本の来年度税制改正に含まれているタックスヘイブン対策税制は重要な論点であること、③日本の企業は欧米の企業ほどアグレッシブな税逃れをしておらず、BEPSプロジェクトでは日本が範を示すことが重要であること、④市民社会が政府に対してプレッシャーをかけ続けることが必要なこと、などを指摘しました。

最後に同局長から、今年10月に来日する予定があり、その際にOECDと市民社会との対話集会を持ちたいとの提案をいただきました。

2017/1/24(火)学習会「拡大する住まいの貧困と住宅セーフティネット」

~第8回 公正な税制を求める市民連絡会 学習会~

チラシのダウンロードはこちらをクリック:PDFファイル:81.3KB)

「住居は暮らしの器」と言われるように、適切な居住こそが幸せを実現します。
ところが、社会全体が貧困で住居が確保できなければ、「住居が無く、生きていけない」状況に陥ることになります。高度経済成長を経て豊かな社会を実現したはずでしたが、バブル経済崩壊後の四半世紀は日本社会では人々がいとも簡単に「住居が無く、生きていけない」状況に陥ることを示しています。

本学習会では、居住の本質に立ち返り「居住福祉」の実態とわが国が居住福祉に充てられるべき財政のあり方を学習します。ぜひ、ふるってご参加ください。

講師:稲葉 剛氏 一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事、立教大学大学院特任准教授
日時:2017年1月24日(火)18:30~21:00(開場18:00)
会場:主婦連合会会議室(主婦会館プラザエフ3階)

  • JR四ツ谷駅麹町口前(歩1分)
  • 地下鉄南北線 / 丸の内線四ツ谷駅(歩3分)

資料代:500円(経済的に困難な方は無料)

主催:公正な税制を求める市民連絡会

事務局連絡先:弁護士 猪股 正 埼玉総合法律事務所 電話:048-862-0355 / Fax:048-866-0425

ニュースレター Vol.7:なんだかズレてる貧困対策

公正な税制を求める市民連絡会の会報の第7号(2017.1月号)です。
下記リンクをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。ぜひご覧ください。

<内容>

  • なんだかズレてる貧困対策
  • 「下流老人」という言説で目指していること 高齢者の貧困を発見して世論は動き始める
  • 書籍紹介
  • やさしい税金Q&A:障害者に税金が使われるのはムダですか?
  • 会員のひろば
  • 特別寄稿:税金を払わないヤミ経済の世界で、新しい公共を創る市民はどう闘うのか
  • 活動報告、開催予告

ニュースレター 号外(2016.12.15):「財源がない」は本当なのか?

公正な税制を求める市民連絡会の会報の号外(2016.12.15)です。
下記リンクをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。ぜひご覧ください。

<内容>「財源がない」は本当なのか?
─  3000兆円も眠るタックスヘイブンから格差社会、税制を考える集会を開催 ─ TJNのクリステンセン氏とメータ氏を迎えて

  • メーター氏の問題提起
  • クリステンセン氏とパナマ文書
  • バナナに見るタックスヘイブンのからくり
  • 日本へのメッセージ
  • 質疑応答から

2017/3/28(火)税金カフェのご案内

2016-11-28_111455

ご案内チラシ(PDF229KB)のダウンロードはこちらをクリック!

「税金ってなんだかムズカシそう・・・」「税金のことなんて知らなくてもいい?」――
いえいえ、税金は、憲法と同じように、わたしたちの生活に密接にかかわっています。
「税について考えること」は、「わたしたちの暮らしを考えること」なのです。

「立憲主義と人権から考える公正な税制とは?」「公平な税金の集め方は?」――
お茶を飲みながら、弁護士の宇都宮健児さん&税理士の内田麻由子さんと、楽しく税金について学び、語り合いましょう。グループディスカッションもあります。
おいしいお食事もありますので、ぜひお早めにご来場の上、ご注文ください(お食事は別会計です)。


【開催要項】
◆日 時:2017年3月28日(火) 18:30~20:40 (開場 17:30)

◆第1部 「立憲主義と人権から考える公正な税制とは」
講 師:宇都宮 健児 氏
弁護士。公正な税制を求める市民連絡会 共同代表
著書に『自己責任論の嘘』『悪と闘う』他多数

◆第2部 「公平な税金の集め方をみんなで考えてみよう」
講 師:内田 麻由子 氏
税理士。内田麻由子会計事務所代表
公正な税制を求める市民連絡会 税金カフェ担当

◆会 場:キイトス茶房
東京都新宿区箪笥町 25 野吾ビル2F
TEL 03-5206-6657
大江戸線「牛込神楽坂」A1出口徒歩1分
東西線「神楽坂」2番出口徒歩5分
http://kiitosryo.blog46.fc2.com/

20161121map

◆料 金:1500円(ワンドリンク付)(当日会場にて)
◆定 員:30名
◆主 催:公正な税制を求める市民連絡会

【お申し込み】

フェイスブックのイベントページ、E メール、お電話でどうぞ。
☆FB:http://www.facebook.com/tax.justice.jp/(公正な税制を求める市民連絡会)イベントに「参加」でOK!

☆E メール info◎n-sk.org(内田:◎部分を@に置き換えてご送付ください。迷惑メール対策のためご協力のほどお願いいたします。)

☆お電話 03-6454-1567(内田麻由子会計事務所)

2016/10/29(土) 「財源がない」は 本当なのか?-3,000兆円も眠るタックス・ヘイブンから 格差社会、税制を考える-

8ba54e581494a3beb04558b9a251801f

”なんと!タックス・ヘイブン問題の世界の第一人者「タックス・ジャスティス・ネットワーク」の代表が、イギリスから緊急来日!!”

グローバリゼーションの影で過酷さを増す世界の貧困と格差。その解消のためには世界中の富を再配分すべきであると言われています。
他方、先般、パナマ文書により、世界の元首や大企業などがタックス・ヘイブンを利用した税逃れを行っている実態が暴露されました。この文書には約400の日本の企業や個人の情報も含まれています。一部の大企業や富裕層等が課税を逃れ、その穴埋めを市民が負うという不公正な税のあり方は是正されなければなりません。
本集会では、この問題の最先端の情報を収集し、活動している国際組織であるタックス・ジャスティス・ネットワークの代表者のジョン・クリステンセン氏と、シニア・アドバイザーのクリシェン・メータ氏をお招きして、「税の公正(タックス・ジャスティス)」に関する基調講演と、さらに、この問題に関する課題と提言等のご報告をいただきます。多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

【日時・場所等】
日時:2016年10月29(土)13:00~16:30(12:30受付開始)
場所:田町交通ビル 6階ホール (港区芝浦3-2-22  ■ JR田町駅「芝浦口」徒歩3分)
資料代:1000円
※お支払いが難しい方は入場時にお声をおかけください。無料で資料をお渡しします。

(さらに…)

2016/11/21(月)税金カフェのご案内

taxcafe20161121
ご案内チラシ(PDF229KB)のダウンロードはこちらをクリック!

「税金ってなんだかムズカシそう・・・」「税金のことなんて知らなくてもいい?」—— いえいえ、税金は、憲法と同じように、わたしたちの生活に密接にかかわっています。
「税について考えること」は、「わたしたちの暮らしを考えること」なのです。
「ピケティってどんなことを言っているの?」「公平な税・公正な税とは?」—— お茶を飲みながら、大学の先生&税理士さんと、楽しく税金について学び、語り合いましょう。
おいしいお食事もありますので、ぜひお早めにご来場の上、ご注文ください(お食事は別会計です)。

【開催要項】

◆日 時:2016 年 11 月 21 日(月) 18:30~20:30 (開場 17:30)
◆会 場:キイトス茶房
東京都新宿区箪笥町 25 野吾ビル2F
TEL 03-5206-6657
大江戸線「牛込神楽坂」A1出口徒歩1分
東西線「神楽坂」2番出口徒歩5分
http://kiitosryo.blog46.fc2.com/

(さらに…)

2016/9/30(金):税金カフェ@浦和 ぜひご参加ください!

消費税の税率アップが据え置きになればホッとします。
法人税が減税されれば社長は嬉しいです。
相続税の基礎控除が下がれば心配になります。
社会保障が手薄くなれば怒ります。

でもこれらのことは、個別に一喜一憂していればよいのでしょうか。
実は全てが連動しながら、私達の暮らしを形作っているのではないでしょうか。
ここは一つ、美味しいお茶でも飲みながら、税理士等と楽しく税金について学び、語り合いませんか?
豪華なゲストもお招きしました。フリートーキング・タイムもあります。
お気軽に、お申し込みの上、ご参加ください。

【開催要項】

◆日時: 2016年9月30日(金)18:30~20:30(開場18:00)
◆会場: caffé 土瑠茶 ドルチェ
さいたま市浦和区仲町4-11-14
TEL/FAX 048-861-1755

(さらに…)