公正な税制を求める市民連絡会

広がる貧困と格差の是正に向けて

公正な税制を求める市民連絡会のホームページへようこそ。
私たちは、社会保障の充実を目指し、不公正税制の是正、所得再配分の強化、税制の透明化に向けた取り組みを進めるため、市民連絡会を設立し、この問題に関心のある多くの市民、団体の方々に参加を呼びかけています。

最新の記事

【衆院選直前】税制と社会保障に関する公開質問について(回答のお願い)

公正な税制を求める市民連絡会は、2017年9月28日、国会議員を出しているすべての政党・会派に対して、下記の公開質問事項を送付いたしました。各党の回答内容につきましては、集計の上、後日、公表し、ホームページ上にも掲載させていただきます。

税制と社会保障に関する公開質問事項 及び 回答書のダウンロード

MS Word形式フィアル(48KB)

PDF形式ファイル(148KB)

*以下本文中に、同じ内容のものをテキストベースで記載いたしております。


2017年9月28日

公正な税制を求める市民連絡会

共同代表 弁護士 宇都宮健児 外

 

【衆院選直前】税制と社会保障に関する公開質問について(回答のお願い)

日頃より、公正な税制の実現と社会保障の充実のためにご尽力いただいていることに感謝いたします。

私ども公正な税制を求める市民連絡会は、公正な税制により社会保障を充実させ、貧困と格差を是正することを目的として、2015年5月に設立された団体です。

昨年は、参議院議員選挙前に、「税制と社会保障に関する公開質問」に対し、ご対応いただきまして、ありがとうございます。

今回も、衆議院議員選挙前に、先般表明されました消費増税分の使途変更方針の是非等の点も含め、税制と社会保障、それと関わる貧困・格差の問題について、貴党のお考えをうかがいたく、不躾ながら質問状を差し上げました。

この質問状は、国会議員を出しておられるすべての政党・会派に対して、本部にお送りしています。

ご回答の内容については、事務局でまとめた上で、当連絡会のホームページに掲載し、マスコミに発表させていただきます(ご返答がない場合にはその旨公表させていただきます)。

お忙しいところを大変恐縮ですが、勝手ながら10月6日(金)までに、メールまたはFAXにて回答をお送りいただきますようお願い申し上げます。

【本件に関する問い合わせ・返信・返送先】
公正な税制を求める市民連絡会 事務局
〒330-0064 さいたま市浦和区高砂3-10-4 東和ビル4階
埼玉総合法律事務所 弁護士 猪 股  正
電 話: 048-862-0355
FAX:048-866-0425

ニュースレター Vol.10:イギリスから学ぶ


公正な税制を求める市民連絡会の会報の第10号(2017.10月号)です。
下記リンクをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。ぜひご覧ください。

<内容>

  • イギリスから学ぶ:雨宮 処凛
  • 対話する社会へ
  • 書籍紹介
  • やさしい税金Q&A:公正な税制とは?
  • 会員のひろば
  • 活動報告、開催予告

ニュースレター Vol.9:教育無償化のためには税制改革が必要だ


公正な税制を求める市民連絡会の会報の第9号(2017.7月号)です。
下記リンクをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。ぜひご覧ください。

<内容>

  • 教育無償化のためには税制改革が必要だ
  • スウェーデンの普遍主義
  • 書籍紹介
  • やさしい税金Q&A:相続税・贈与税の課題は?
  • 会員のひろば
  • 活動報告、開催予告

2017/7/26(水)学習会「生活者の財政へ-格差社会を超える『対話の力』-

~第10回特別企画 公正な税制を求める市民連絡会 学習会~

画像をクリックするとPDF表示されます
新著「対話する社会へ」を出された暉峻淑子先生特別講演!
能力に応じてみなでお金を出し合い、生活の土台を支える「共有財産」を作っておくこと、それが税金の本来の目的のはずです。ところが、政府は、大企業や富裕層に大きな減税をする一方、庶民に対しては増税と社会保障の削減を行いました。そのため、自己負担に耐えきれない私たちの生活と社会は破壊されつつあります。この流れは、今後いっそう強まるでしょう。
国の財政は、私たちが政府に預けたお金であり、病気や失業などに備え、前もって収入の一部を共同で積み立てておいて、いざというときにその積立金を使って、お互いを助け合うためのものです。
暉峻さんは、格差を助長する国家システム-税と社会保障の問題を指摘され続け、共有する社会システム(社会保障制度や社会資本など)について、税や保険料の拠出者である私たち市民が互いに話し合い政府に異議申し立てと提案をする「討議デモクラシー」の重要性を指摘してきました。
この学習会において社会の分断・対立や格差社会を超えて、生活者の財政を構築し、公正な社会を実現するために、私たちひとりひとりができることを、一緒に考えてみませんか。

  • 日時
    2017/7/26(水) 18:30~20:30
  • 会場
    主婦会館プラザエフ 地下1階・クラルテ
    〒102-0085 東京都千代田区六番町15
  • アクセス
    ・JR四ツ谷駅麹町口前(歩1分)
    ・地下鉄南北線 / 丸の内線四ツ谷駅(歩3分)
  • 講師
    暉峻 淑子先生
    (埼玉大学名誉教授)
  • 資料代
    1,000円(経済的に困難な方は無料)
  • 主催
    公正な税制を求める市民連絡会
  • 事務局連絡先
    弁護士 猪股正
    さいたま市浦和区岸町7-12-1東和ビル4階 埼玉総合法律事務所
    TEL 048-862-0355 FAX 048-866-0425

新着一覧

2017年9月28日
【衆院選直前】税制と社会保障に関する公開質問について(回答のお願い)
2017年9月27日
ニュースレター Vol.10:イギリスから学ぶ
2017年7月26日
ニュースレター Vol.9:教育無償化のためには税制改革が必要だ
2017年6月8日
2017/7/26(水)学習会「生活者の財政へ-格差社会を超える『対話の力』-
2017年6月5日
アップルの空飛ぶ魔術―失われた2000億円余の税収・連載第8回 多国籍企業の「税金天国」日本
2017年6月4日
【書籍紹介】暉峻淑子さん著「対話する社会へ」(岩波新書)
2017年6月3日
【書籍紹介】地方財政を学ぶ
2017年5月31日
アップルの空飛ぶ魔術―失われた2000億円余の税収・連載第7回「BEPSプロジェクトと日本の課題」
2017年5月29日
2017/5/31(水)16:00~ 設立2周年記念集会の模様が録画配信されます
2017年5月22日
2017/8/1(火)税金カフェのご案内
› more