公正な税制を求める市民連絡会

広がる貧困と格差の是正に向けて

公正な税制を求める市民連絡会のホームページへようこそ。
私たちは、社会保障の充実を目指し、不公正税制の是正、所得再配分の強化、税制の透明化に向けた取り組みを進めるため、市民連絡会を設立し、この問題に関心のある多くの市民、団体の方々に参加を呼びかけています。

最新の記事

ニュースレター Vol.12:「これが国か」国の責任を放棄した生活保護基準引き下げ

公正な税制を求める市民連絡会の会報の第12号(2018.4月号)です。
下記リンクをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。ぜひご覧ください。

<内容>

  • 「これが国か」国の責任を放棄した生活保護基準引き下げ
  • 世代を越えて広がる「住まいの貧困」にどう向き合うか
  • 書籍紹介
  • やさしい税金Q&A
  • 配偶者控除改革に必要な「税の外」への目
  • 会員のひろば

徳島集会「どうする?日本の財政-公正な税制により社会保障の充実を求める」

(チラシダウンロード:PDFファイル)

財政や税制は、経済の発展や一部の大企業を潤すためではなく、全ての市民が人間らしく生きることを支えるために存在しているはずです。

現在、「財源がない」という理由で、教育、医療、介護、年金、障害者福祉、生活保護等のあらゆる分野において社会保障の削減が進められ、その一方で、一部の富裕層や大企業に富が集中し、格差が拡大しています。

広がる貧困と格差を是正するためには、富裕層や大企業に対する課税を適正化し、人間の暮らしを支える公正な税制への転換が必要です。

本集会では、基調講演をはじめ、社会保障の各分野からの報告、パネルディスカッション等を行います。社会保障の充実を求め、不公正税制の是正、所得再分配の強化、税制の透明化等に向けた取り組みを進めるため、現場から声をあげていきましょう!多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

日 時:2018年2月11日(日)13:00~16:30
会 場:徳島県国保会館(徳島市川内町平石若松78-1)

  • 徳島駅より約7km(車で約15分)
  • 徳島阿波おどり空港より約8km(車で約20分)

1、基調講演
(講師)高端 正幸(埼玉大学准教授)

2、当事者発言
社会保障、生活保護の現場から

3、パネルディスカッション
高端正幸、宇都宮健児(弁護士、元日弁連会長、公正な税制を求める市民連絡会共同代表)ほか

参加費:無料

事前申込み:不要

主 催:公正な税制を求める市民連絡会

連絡先:事務局048-862-0355(猪股)・徳島088-622-7575(堀金)

ニュースレター Vol.11:安全・安心最優先社会へ転換を

公正な税制を求める市民連絡会の会報の第11号(2018.1月号)です。
下記リンクをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。ぜひご覧ください。

<内容>

  • 安全・安心最優先社会へ転換を
  • 頼り合える社会 ~「プロリベラル」の道を切り拓く~
  • 書籍紹介
  • やさしい税金Q&A:ふるさと納税の現状と課題は?
  • 会員のひろば
  • 活動報告、開催予告

 

1/27 日弁連シンポ「どうする?社会保障の財源!~人間の尊厳ある生存を支える財政の在り方を問う~」

 日弁連が、社会保障の財源問題について、下記のシンポジウムを開催します。
 先日も、政府が、生活保護基準の再度の引下げ方針を明らかにしましたが、現在、財源不足を理由に、年金、医療、介護等の幅広い分野で社会保障の削減が急ピッチで進められています。社会保障を充実するための財政のあり方について考える貴重な機会だと思います。多くのみなさまに、お知らせください。

【日時】2018年1月27日(土)13時30分~17時00分(開場13時予定)
【場所】弁護士会館2階講堂クレオA会議室→会場地図
   (千代田区霞が関1-1-3 地下鉄「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
【参加費】無料
【参加対象・人数】どなたでもご参加いただけます
【内容】
 ◆基調報告・問題提起
  阪田 健夫 弁護士(日弁連貧困問題対策本部事務局次長)
 ◆パネルディスカッション
  【コーディネーター】
   猪股 正 弁護士(日弁連貧困問題対策本部副本部長)
  【パネリスト】
   後藤 道夫 氏(都留文科大学名誉教授)
   高端 正幸 氏(埼玉大学経済学部准教授)
   竹信 三恵子 氏(ジャーナリスト/和光大学現代人間学部教授)
   尾藤 廣喜 弁護士(日弁連貧困問題対策本部副本部長)
 ◆質疑応答

 医療、障害福祉サービス、年金等の社会保障制度を充実していくための財政がテーマであり、財政の役割、保険方式の現状と課題、普遍主義・選別主義と租税抵抗の問題、累積債務の問題、所得税・法人税・消費税等の税制の在り方等について、報告およびパネルディスカッションを通じて、幅広い議論を行い、人間の尊厳ある生存を支える財政の在り方やその実現の方策について考えます。

チラシ (PDFファイル;330KB)

【申込方法】事前申込不要(当日会場にお越しください)
【主催】日本弁護士連合会
【お問い合わせ先】日本弁護士連合会 人権部人権第一課 TEL 03-3580-9501

★日弁連ホームページはこちら

新着一覧

2018年4月3日
ニュースレター Vol.12:「これが国か」国の責任を放棄した生活保護基準引き下げ
2018年2月5日
徳島集会「どうする?日本の財政-公正な税制により社会保障の充実を求める」
2017年12月26日
ニュースレター Vol.11:安全・安心最優先社会へ転換を
2017年12月21日
1/27 日弁連シンポ「どうする?社会保障の財源!~人間の尊厳ある生存を支える財政の在り方を問う~」
2017年12月8日
2018/3/22(木)税金カフェのご案内
2017年11月6日
2017/11/29(水) 税金カフェのご案内
2017年10月20日
【衆院選直前】税制と社会保障に関する公開質問事項 及び 回答書
2017年9月28日
【衆院選直前】税制と社会保障に関する公開質問について(回答のお願い)
2017年9月27日
ニュースレター Vol.10:イギリスから学ぶ
2017年7月26日
ニュースレター Vol.9:教育無償化のためには税制改革が必要だ
› more