公正な税制を求める市民連絡会

広がる貧困と格差の是正に向けて

設立3周年記念集会 希望と連帯の社会をめざして ~格差社会を乗り越える財政とは~

設立3周年記念集会 希望と連帯の社会をめざして ~格差社会を乗り越える財政とは~

<A4サイズチラシPDF:1.73MB>

公正な税制を求める市民連絡会では、これまで社会保障の切り捨てを止めさせて、人間らしい暮らしを支える税制、財政とは何かを求めて活動してまいりました。

今、急速に進む少子高齢化と広がる格差社会に対して、実効性のある税制と財源が求められています。

本シンポジウムでは、「積極的な財政出動で消費を増やして景気回復をはかり、緩和マネーを福祉・医療に使って雇用拡大することで、消費税増税は不要」と提言する松尾匡さんのお話と、「共通のニーズを満たし、尊厳を保障するための税制を」と提言する高端正幸さんのお話を基に、更に北欧やイギリスの事例も参考にして、希望と連帯の社会をどのように作るかを考えます。

多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

◆日時 2018年7月29日(日)14:00~17:30(13:30開場)

◆場所 主婦会館プラザエフ 8階スイセン

〒102-0085 東京都千代田区六番町15

*JR四ツ谷駅麹町口(歩1分)・地下鉄南北線/丸の内線四ツ谷駅(歩3分)

地図はこちら

◆プログラム

  • 14:00~ 総会
  • 14:15~17:30 設立記念集会
  • 14:15~ シンポジウム
    当事者報告
    基調講演1  松尾 匡さん「財源はある、必要なのは政治的意志だ」
    基調講演2  高端正幸さん「税とは何か? 『分かち合い』を実現するための財政社会学」
  • 休憩          10分
  • 15:45~ パネルディスカッション
    松尾 匡さん   立命館大学教授
    高端正幸さん 埼玉大学准教授
    竹信三恵子さん  和光大学教授、ジャーナリスト
    宇都宮健児  弁護士 公正な税制を求める市民連絡会 共同代表
    猪股 正   弁護士 公正な税制を求める市民連絡会 事務局長

講師 松尾匡さん

立命館大学教授、1964年生まれ。専門は理論経済学、久留米大学教授を経て現職。著書に『この経済政策が民主主義を救う』(大月書店)、『自由のジレンマを解く―グローバル時代に守るべき価値とは何か』(PHP新書) など

講師 高端正幸さん

埼玉大学准教授、1974年生まれ。専門は財政学、 新潟県立大学准教授等を経て現職。      著書に『地域切捨て-生きていけない現実』(共編著、岩波書店)、『福祉財政』(共編著、ミネルヴァ書房)など

資料代:1000円(*お支払いが難しい方は入場時にお声をおかけください。無料で資料をお渡しします。)

事前申込み不要

主 催 公正な税制を求める市民連絡会

連絡先 さいたま市浦和区岸町7-12-1東和ビル4階 埼玉総合法律事務所 弁護士 猪股正

電話:048-862-0355 FAX:048-866-0425

«